ファスティング実践記

【ファスティング実践記】初日から-1.7Kgに?!〜85キロの30代お腹タプタプ男がファスティング(断食)ダイエットに挑戦〜『1日目』

ども、30代後半男の万年ダイエッターSEKITORI.です。

 

私は、ファスティングをした結果

体重が6.1キロも減りました。

 

長年、体重が80キロ台を下回ることがなかったのに・・・

まさか運動以外の方法で、結果が出てしまうのは驚きでした。

 

この記事では、私がファスティング1日目に体験した

  • 実践中の心理状態
  • 実践中の食事と体重計測
  • 実践してみて気づいたこと
  • 実践前と実践後の変化
  • ファスティングの効果

以上のことについて書いています。

 

今回のファスティングは、合計5日間実施しました。

この記事は、1日目です。

 

今後、30代お腹タプタプ男がファスティングダイエットを実践する参考になりますように。

ファスティングを開始したきっかけ

最近、忙しくて身体のケアを怠っていた私は、お腹がタプタプになってきていました。

 

「どうにか痩せたいなぁ」

 

募る想いだけが膨らみつつも、時間を言い訳に実際の行動には移せていませんでした。

 

そんな折、ファスティングについて調べていると、色々な効果が見込めるということでした。

なんだか興味がフツフツと湧いてきて、自然とファスティングをやってみたい気持ちが芽生えました。

 

そこで・・・

嫁に、ファスティングをやろうかと思っていることを相談したところ

わたし前にやったことあるよー。3日くらい

 

えっ!!Σ(゚д゚;)オォーーー!!

 

そんなにサラッと・・・

1日たりとも食事を抜いたことがない私にとってはまさに『神』!!

 

やったこともないファスティングだったので、少し不安もあり、実施期間を何日にするか悩んでいました。

そんな折、実際に行動するきっかけになったのは、嫁のこんな一言。

まずは一日からやってみれば?

 

なるほど・・・、その手があったか!

思い立ったが吉日

 

決めた日は土曜日だったのですが、急遽、「明日の日曜から準備して月曜一日断食する!」。

その様な感じで、私のファスティング初体験は始まったのです。

ファスティング前夜の準備食

急遽はじめたファスティングですが、一応、日曜日は準備期間ということで、朝は軽めの食事を摂りました。


昼間は家族で牧場に出かけたのですが、そこでは玉こんにゃくを2串食べました。

ちなみに1本に3つ刺さっているヤツ。

 

それから、夜食はこんな感じのメニューでファスティングに向けての下準備↓

これから、初のファスティングに向けてドキドキ・ワクワク。

このときの心境は「あ~明日から一日なにも口にできないのかぁ・・・寂しいな」そんな気持ちでいました。

 

断食の前日ということで食事量を減らしてみましたが、不思議と空腹感はありませんでした。

 

そんなこんなでファスティング開始前の計測↓


・・・え、やばい、85キロとか、人生初の体重なんですけど(汗

 

オレ、ガタイが良いからあんまり見た目は太ってないよね?

 

という嫁にフォローを求める質問に、嫁からの回答です。

 

そう思っているのは自分だけ。

 

ゔ・・・グサリ

 

明日から真剣にがんばろう・・

そう思って下準備の日は終了しました。

ファスティング1日目【実行】

朝一番で体重計に乗って計測しました。↓


なんと、1日で-1.7キロも体重が減っていました。

少し食事を制限するだけでもこの威力・・・

ちなみに、体重測定は毎回パンツ1枚で体重計に乗っています 。

 

ファスティング初日の朝は、コンビニで買った水

朝の時点では、多少の空腹感はありましたが、水を飲めばなくなりました。↓

 

さすがに、昼近くになるとお腹の鳴りも出てきて、空腹感も出てきました。

そこで試したのが、胃のマッサージです。

 

中かん(ちゅうかん)という、みぞおちとへそを縦に結んだ中心線を、指で軽く押すマッサージです。

この部分はツボになっていて、食欲不振や胃の疲れに効果的もあるみたいです。

 

私の場合は、ゆーっくり押しながら深呼吸をして空腹感をしのぎました。

この空腹感は、10~20分くらいするとなくなりました。

そのときに、炭酸水を飲んでいたのも良かったのかもしれません。

 

炭酸水のシュワシュワで胃が刺激され、空腹感は感じなくなりました。

途中、インスタグラムでフォローしているマッチョの写真をみたりして、モチベーションも上げたのも効果的でしたね。

 

それと、1日目の昼間に頭痛がしました。

PCのモニターを見ているときに起こったので、目の疲れからくる頭痛なのかと思いました。

 

ですが、調べてみると好転反応というものだったと思います。↓

好転反応とは、治療の過程で一時的に起こる身体反応のこと。反応の程度はさまざまである。

引用元:Wikipedia

 

好転反応には、頭痛、だるさ、眠気、ほてり…..など、症状は様々出るようです。(人によって症状は異なるようです。)

これは、溜まっていた老廃物が、血液中に流れることが要因と考えられているみたいですね。

 

私の場合は、我慢できないほどの痛みではありませんでした。

ですので、「老廃物が出ているんだな~♪」って感じでいたら、そのうち治まっていました。

 

夜は具なしの味噌汁↓

このとき飲んだ味噌汁の味が、とても美味しくて胃にしみました。

ちなみに、インスタント系の味噌汁は添加物が入っているので、あまりオススメしません。

 

ファスティング中はデトックス期間なので、身体によろしく無いものは、あまり入れない方が良いですよね。

できることであれば、出汁と味噌から作った味噌汁をオススメします。

 

1日目は想像していたよりも辛くはなく、意外と早く終わってしまったなーという感覚です。

Twitterで随時、情報を発信していたのも良かったかもしれません。

誰かに見られているという感覚は、やらなければならないと意識しますからね!

 

当初ファスティングは、慣れるために1日の予定でしたが、案外スムーズに終わってしまいました。

思いの外自分に余裕があったので、思いつきで2日延長。

 

せっかくなので、嫁に宣言して、3日ファスティングを実施することに決めました。

 

そんな感じで1日目が終わり、23時くらいに就寝したのですが・・・・

2時頃にフッと目が覚めました。おそらく空腹の影響かと思います。

 

喉も乾いていたので、水をコップ2杯くらい飲みました。

そのまま4時頃まで眠れなかったのですが、スマホをいじったり本を読んだりしていたら眠くなってきたので、いつの間にか寝ていました。

 

こうしてファスティング1日目は終了です。

まとめ:ファスティング(断食)1日目を終えてみて

ファスティング1日目が終わって振り返ってみると、準備期間も大切なんだなって思います。

もし、準備期間がなければ反動が大きくて、途中で挫折してしまっていたかもしれません。

 

準備期間は、食事の量を抑えて、ゆっくりよく噛んで食べました。

朝はパンとスープ、夜は玉こんにゃく、夜はおかゆと納豆のメニューです。

 

体重は、人生はじめての85キロ。

や・・やばい。さすがに焦りました。

 

しかし、見切りで発射をしたものの、最初に想像していた挫折への不安は、そんなに大きいものではありませんでした。

 

どちらかと言うと、まだ余裕があるくらいだったので、当初1日の予定を3日に延長したくらいです。

 

できるかどうか不安であれば、まずは準備期間と1日ファスティングで試してみることをオススメします。

 

実践する前と後での変化は、まず体重はもちろん落ちました。

あとは顔のむくみがなくなって、多少シュッとした気がします。

 

お腹も少し凹んだ感じがありますが、嫁からすると・・・

どこが変わったの?

・・・だそうです。(1日じゃそんなものか)

 

ファスティングの効果についてですが、一番感じたことが集中力です。

何かをイメージする感じが、普段よりも増した気がするんですよね。

 

他にも実行力があがった気もしますし、テレビを付けていると、普段あまり見ない料理番組に目がいくようになりました(笑)

 

気のせいかもしれませんが、若干色が鮮明に見えたり、いつものPCモニターが少し眩しく見えています。(これも気のせい?)

 

結論から言うと、ものすごくやって良かったなって感じです。

1日だけでもこれだけの感覚を体感できました。

 

この感じは、ブログ等で情報収集をしているだけでは味わえない感覚ですね。

2日目以降は、ファスティングによる効果がさらに現れてきます。

 

そのファスティング2日目の実践記録はこちらから
【ファスティング実践記】2日目の夕方になると猛烈な空腹感が!果たして、どう乗り越えた!?〜85キロの30代お腹タプタプ男がファスティング(断食)ダイエットに挑戦〜

 

では、では。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です