回復食

ファスティングから回復食3日目に食べたのはこんな食事ー30代ダイエット男子

ども、30代後半男の万年ダイエッターSEKITORI.です。

 

このブログでは、自身のファスティング体験を元に記事を書いています。

私はこれまでに、

ファスティング前日からの準備期間→

ファスティング実行5日間→

回復食3日間 (★イマココ)

という全9日間の工程を進めてきました。

 

この記事では、その最終日である回復食3日目について記事を書きました。

私がファスティング回復食3日目に食べたものは、「まめ、ごま、わかめ、やさい、しいたけ、いも」を中心にした食事メニューでした。

 

さらに3日目の朝・昼・夜には、どの様な食事メニューを食べたのか?

この内容について、詳しく書いていきたいと思います。

 

 

回復食3日目に口にした食事と感想

ファスティング3日目。

「ようやく終わる~~!!」

そんな気持ちと、少しさびしい気持ちで3日目が始まりました。

 

この日は月曜だったので、朝にスムージーをつくっている暇もなく(じつは、少し寝坊した)朝は、おいしさスッキリ深煎りきな粉を飲みました。

味は美味しいよ

味は豆乳にきな粉を混ぜた感じの味で、コンビニで売っています。↓


黒糖が入っている!!糖分じゃないか!?と思ったのですが、さすがに3日目ともなると自分の中で基準が少し緩み・・・まぁいいか、っと美味しく味わいました。

 

回復基3日目、朝の計測結果はこちら↓


体重→79.2キロ
前日比較→-0.8キロ

ちなみに、朝に便意がありました。

ここ数日間は何も食べていなかったので、まともに便が出ていない状況でした。

 

夜の間に汗で水分が抜けたのか、排泄と合わせて体重は前日比で-0.8キロになりました。

何も食べていない状態だったので、食事を摂ったら正直、絶対に体重は少しは戻るだろうと覚悟していました。

ですので、食事を摂っても体重が増えなかったのには、ちょっとビックリ。

 

さすがに朝に豆乳を1パックだけでは、昼まで持たなそうでした。

なので、すかさずコンビニでスムージードリンクをチャージ↓

チョイスした決め手は、食物繊維が入っているし、砂糖も使用していないというところ。

ちなみにメーカーのサイトでは、デカデカと「小腹、へったら。」っとキャッチコピーが書いてありましたね。(量がちょうどいい)

メーカーサイトはこちら→カゴメ:野菜生活100 Smoothie

 

昼は自宅の近くを通ったついでに、ご飯を食べに一時帰宅。↓


メニューは、おから、つぼ漬け、サラダ、切り干し大根納豆、きなこ納豆、ココナッツオイル入りスムージー

 

サラダは、コンビニでカット野菜が売っているので、それにひたし豆とプチトマトをトッピングしました。(洗わず食べれるので、手間いらず)

もちろん、上にはおからパウダーを振りかけてます。

 

画像を見ると、じつはヨーグルトにもきな粉とおからパウダーを混ぜてみました。

むむっ!・・・不味い。

なので、オススメできません(苦笑)

 

意外に美味しかったのは、切り干し大根と納豆を混ぜたもの。

これハマります。絶対にまたやりたい!って思うくらい美味しいのでオススメです。

 

夜は、ネットで調べたメニューを少しアレンジ。

メニューは、しいたけ・高野豆腐・大根の煮物、中粒納豆、つぼ漬け、焼き芋、きんぴらゴボウ、ほうれん草豆腐みそ汁。

 

大根としいたけと高野豆腐をみりんで煮たものが、格別に美味しかったです。↓

 

いよいよ回復期3回目、夜の計測♪

ファスティング期間中で、最後の計測です!

体重→79.4キロ
朝との比較→+0.2キロ

ほぼ体重の増減は、ナシ!

太らない体質作りが成功したのかな・・?

 

とにかくバンザイ

 

でも油断はできません。

それは、この期間が終わった後の、摂る食事で変わるからです。

どれを選んで、何を食べるかの選択をするのは自分です。

 

私は、もう元の体型には戻りたくありませんので、身体に良い食べ物の選択します。(たまにはマクドナルドは食べますがw)

健康でスマートな身体を目指して、40代になろうと思ってます!

まとめ:回復期間を終えてみて

これで回復期3日目が全て終了になります。

参考になるかわかりませんが、3日目に摂った回復食メニューをまとめておきます。

 

【朝】

豆乳きな粉、グリーンスムージー

【昼】

おから、つぼ漬け、サラダ、切り干し大根納豆、スムージー、きなこおからパウダーヨーグルト

【夜】

しいたけ・高野豆腐・大根の煮物、中粒納豆、つぼ漬け、焼き芋、きんぴらゴボウ、ほうれん草豆腐みそ汁。

 

【体重】

朝→79.2キロ 夜→79.4キロ +0.2キロ

 

まず期間中、特に意識をしていたところは、とにかく炭水化物と糖質・脂質、あと動物性タンパク質を極力摂らないということ。

意識をすれば、これは意外にできました。

 

今回、選んだ食材ですが、ほとんどスーパーで揃います。

まめ、ごま、わかめ、やさい、しいたけ、いもの中からチョイスしています。

料理の時間がなければ、お惣菜コーナーにも売ってます。

 

余談ですが・・・

普段、私が買い物する場所がコンビニなので、スーパーに一人で買い物に行くと、新鮮でなんとなく主婦の気持ちを味わうことができました。

買い物かごを片手にぶら下げたら、思わず大根とか買ってしまいそうな気持ちになりますね~

 

それはさておき・・・

スーパーを利用すれば、独身男子にもファスティングを取り組むことは可能だということです。

 

それと、ファスティングを行う前と後で意識的に変わったと思った点ですが、以前は食べたい欲求を抑えきれずに、たとえお腹がいっぱいでも押し込んで食べちゃっていました。

ファスティング後は、残してもいいような選択ができるようになりましたね。

 

そのほかで感じた点ですが、回復食の期間の設定についてです。

体験してみた個人的な感想は、5日のファスティング期間ならば、3日くらい回復期間を設ければ、通常食に戻しても問題なさそうな気がします。(あくまでも個人的な感覚です)

 

ただし!!必ず回復食を摂る期間は設けた方がいいなっと感じました。

実際にファスティングをやってみるとわかるのですが、期間中はほぼ水分のみで生活をしている状況です。

思いのほか胃が小さくなっているため、急激に食事を摂ると胃がびっくりしてケイレンを起こします。

 

さらに、体は栄養を求めているため何でも吸収をする状態になっていると言えます。

その状態で炭水化物などの食事を急激に摂取すると・・・血糖値が急激に上がりリバウンドの原因になる可能性となり、せっかくのファスティングの効果が台無しになってしまいます。

 

もしファスティングを行うというのであれば、回復食まで考えた計画を立てることをオススメします。

徐々に、徐々に、身体を通常時に戻していくようなイメージと、それにともなった時間を用意した方が良さそうです。

 

では、では。

 

ファスティングのやり方とは?失敗しないためにやるべきこと〜5日で6キロ減らした30代男の体験談~

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です